事例集 | 2通の遺言書 | ケン&パートナー司法書士法人

事例集

2通の遺言書

ケース

相続財産(遺産)

  1. 不動産1
  2. 定期預金
  3. 株式

相続人

姪A、甥B、甥Cの3名

問題点

  1. 自筆証書遺言が2通ある。(遺言執行者の指定なし)
  2. 甲金融機関が解約に応じない。

このケースの問題点

自筆証書遺言が2通ある場合、原則直近に作成された遺言のとおりに遺産の移転をすることになります。
そのため、最初に作成された遺言書により一人で相続できると思っていた甥Cと、直近の遺言で一人で相続するとなった姪Aの間で喧嘩が起こりました。  
また、今回の法定相続人は甥姪のため、遺言書でもって遺産の全部を特定の者に相続させるとした場合、遺留分の問題は生じません。
解約に応じない甲金融機関に対しては、訴訟も視野に入れて検討する必要がありました。

このケースの解決事例

【1】『遺言書の検認』を行う。
 (検認の手続はおよそ1ヶ月前後を要する。)
 ↓
【2】検認の手続が完了後、『遺言執行者の選任』を申立てる。
 (遺言執行者の選任もおよそ1ヶ月前後を要する。)
 ↓
【3】不動産の名義変更の手続、定期預金の手続完了(およそ6ヶ月)
 ↓
【4】相続税の申告・納付

相続手続完了までの期間:約9ヶ月
『遺言書の検認』を終えた後、遺言執行者選任の申立を行います。
遺言執行者の候補者は姪Aとなります。
姪Aが、遺言執行者として選任されれば、手続がスムーズに進みます。

私たちにできること

相続が発生された方

遺言書の作成

生前対策をお考えの方

  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
  • 求人情報はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

司法書士「新松戸合同事務所」では、以下のような業務を中心として千葉県松戸市エリア・東京都中央区エリアの皆様をサポートしています。松戸近辺にお住いで、司法書士へのご依頼をお考えの方は、新松戸合同事務所までお気軽にご相談ください。遺産の調査・相続人の調査・遺産分割協議書の作成・預貯金・株式の名義変更・遺言書の作成・不動産の相続登記・成年後見の申立て・不動産の売却サポート司法書士「新松戸合同事務所」では、松戸市、柏市、流山市、市川市、野田市、船橋市、我孫子市エリアおよび東京都中央区エリアを中心に相続手続きの業務を行っていますが、記載がない地域でも対応可能です。ご相談は無料ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

所在地情報
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸四丁目50番地新松戸Uビル4階 司法書士法人新松戸合同事務所へのアクセス
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目15番10号1階

≪各地での相続の対応エリア≫

■東京都
江戸川区葛飾区江東区墨田区足立区台東区

■千葉県
松戸市市川市流山市浦安市船橋市習志野市鎌ヶ谷市柏市我孫子市白井市八千代市
花見川区稲毛区美浜区千葉市

■埼玉県
三郷市八潮市吉川市草加市越谷市

■武蔵野線
海浜幕張駅新習志野駅南船橋駅市川塩浜駅三郷駅吉川駅越谷レイクタウン駅南越谷駅新越谷駅越谷駅芳川美南駅

■常磐線
新松戸駅北越谷駅南越谷駅柏駅北柏駅我孫子駅天王台駅取手駅藤代駅佐貫駅牛久駅

相続のご相談はこちら。お電話orクリック