相続人に未成年者がいる場合 | 遺産分割について | ケン&パートナー司法書士法人

相続人に未成年者がいる場合

未成年者の相続人は遺産分割協議に直接参加することはできません。この場合、未成年者の親など親権者や後見人が、未成年者の法定代理人として遺産分割協議に出席することになります。しかし、父親が亡くなり、母親と未成年の子が相続人になるなどで、未成年者の親自身が相続人であるときは、法律的に子と母の利益は相反しているので、母は子の代理をすることはできません。遺産分割は利害を伴うので、利益の相反する者が代理人になって、自分と被代理人(未成年の子)の両方の取り分の取り決めをすることは許されていません。こういった場合、親権者(または後見人)は、家庭裁判所に未成年者の特別代理人の選任を請求しなければなりません。

未成年者と親権者(または後見人)の利益が相反するケース

相続人に未成年者がいた場合の例

 

未成年者と親権者(または後見人)の利益が相反するケース

相続人に未成年がいる場合

  • 親権者(または後見人)も共同相続人の場合
  • 複数の未成年者がいて、親権者(または後見人)が共通である場合

 

相続人に未成年者がいた場合の例

夫が被相続人で妻と子(未成年者)が相続人の場合

妻は子の特別代理人の選任を申立て、妻と特別代理人の二人で遺産分割協議を行います。

子が二人いて共に未成年者の場合

特別代理人を二人たてて、妻と特別代理人二人の計3人で行います。

母が相続人ではなく(内縁関係等)、二人の子(未成年者)だけが相続人である場合

法的に二人の子の利益は相反しているので、母(親権者)は両方の代理人になることはできません。1人の子に対しては特別代理人を選任してもらう必要があります。

夫が亡くなったときに妻が妊娠していた場合

法律上では胎児も相続人になるとしています。ですから、遺産分割の際には、生まれていない胎児に対しても特別代理人を選任する必要があります。

私たちにできること

相続が発生された方

遺言書の作成

生前対策をお考えの方

  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
  • 求人情報はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

司法書士「新松戸合同事務所」では、以下のような業務を中心として千葉県松戸市エリア・東京都中央区エリアの皆様をサポートしています。松戸近辺にお住いで、司法書士へのご依頼をお考えの方は、新松戸合同事務所までお気軽にご相談ください。遺産の調査・相続人の調査・遺産分割協議書の作成・預貯金・株式の名義変更・遺言書の作成・不動産の相続登記・成年後見の申立て・不動産の売却サポート司法書士「新松戸合同事務所」では、松戸市、柏市、流山市、市川市、野田市、船橋市、我孫子市エリアおよび東京都中央区エリアを中心に相続手続きの業務を行っていますが、記載がない地域でも対応可能です。ご相談は無料ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

所在地情報
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸四丁目50番地新松戸Uビル4階 司法書士法人新松戸合同事務所へのアクセス
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目15番10号1階

≪各地での相続の対応エリア≫

■東京都
江戸川区葛飾区江東区墨田区足立区台東区

■千葉県
松戸市市川市流山市浦安市船橋市習志野市鎌ヶ谷市柏市我孫子市白井市八千代市
花見川区稲毛区美浜区千葉市

■埼玉県
三郷市八潮市吉川市草加市越谷市

■武蔵野線
海浜幕張駅新習志野駅南船橋駅市川塩浜駅三郷駅吉川駅越谷レイクタウン駅南越谷駅新越谷駅越谷駅芳川美南駅

■常磐線
新松戸駅北越谷駅南越谷駅柏駅北柏駅我孫子駅天王台駅取手駅藤代駅佐貫駅牛久駅

相続のご相談はこちら。お電話orクリック