小規模宅地等の特例 | 相続税を減らす方法 | ケン&パートナー司法書士法人

小規模宅地等の特例

小規模宅地等の特例について

対象となる宅地

特例を受けられる人

減額される割合

小規模宅地等の特例の活用例

小規模宅地等の特例について

遺産の中に居住用や事業用に使われていた宅地等がある場合には、その宅地等の評価額の一定割合を減額する特例があります。これを小規模宅地等の特例といいます。

対象となる宅地

いずれも、被相続人または被相続人と生計を一にしていた親族が居住用または、事業用(※1)として使用していたものが対象となります。また、その宅地の上に建物や構築物があることが条件になります。

※1:事業規模に至らない、小規模なアパート経営等も対象になります。

特例を受けられる人

相続人あるいは、親族であるかどうかを問わず、その宅地を相続や遺贈によって取得した人。ただし、被相続人の配偶者など特定の者を除き、少なくとも相続税の申告期限まで引き続き居住、または事業を行うことが求められます。居住・事業継続の要件を満たせない場合は、評価減の特例は適用することができません。

減額される割合

宅地の種類 適用面積 減額割合
居住用 特定居住用宅地 330㎡ 80%
事業用 特定事業用宅地 400㎡ 80%
特定同族会社事業用宅地
不動産貸付用宅地 200㎡ 50%

特例の対象となる宅地を取得した人の、それぞれの要件によって減額割合が変わってきます。

 

小規模宅地等の特例の活用例

注意点

老人ホームなどに入居または入所していた場合

次の理由により、相続開始の直前において被相続人の居住の用に供されてないなかった宅地等について、一定の要件を満たす場合には、特定の適用ができるようになりました。

私たちにできること

相続が発生された方

遺言書の作成

生前対策をお考えの方

  • お気軽にお問い合わせください
  • 相続のご相談はこちら
  • 求人情報はこちら
  • 携帯からもサイト情報をご覧いただけます。
サイトマップ
サイトマップ

司法書士「新松戸合同事務所」では、以下のような業務を中心として千葉県松戸市エリア・東京都中央区エリアの皆様をサポートしています。松戸近辺にお住いで、司法書士へのご依頼をお考えの方は、新松戸合同事務所までお気軽にご相談ください。遺産の調査・相続人の調査・遺産分割協議書の作成・預貯金・株式の名義変更・遺言書の作成・不動産の相続登記・成年後見の申立て・不動産の売却サポート司法書士「新松戸合同事務所」では、松戸市、柏市、流山市、市川市、野田市、船橋市、我孫子市エリアおよび東京都中央区エリアを中心に相続手続きの業務を行っていますが、記載がない地域でも対応可能です。ご相談は無料ですのでどうぞお気軽にご相談ください。

所在地情報
〒270-0034 千葉県松戸市新松戸四丁目50番地新松戸Uビル4階 司法書士法人新松戸合同事務所へのアクセス
〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目15番10号1階

≪各地での相続の対応エリア≫

■東京都
江戸川区葛飾区江東区墨田区足立区台東区

■千葉県
松戸市市川市流山市浦安市船橋市習志野市鎌ヶ谷市柏市我孫子市白井市八千代市
花見川区稲毛区美浜区千葉市

■埼玉県
三郷市八潮市吉川市草加市越谷市

■武蔵野線
海浜幕張駅新習志野駅南船橋駅市川塩浜駅三郷駅吉川駅越谷レイクタウン駅南越谷駅新越谷駅越谷駅芳川美南駅

■常磐線
新松戸駅北越谷駅南越谷駅柏駅北柏駅我孫子駅天王台駅取手駅藤代駅佐貫駅牛久駅

相続のご相談はこちら。お電話orクリック